未分類

外壁イメージ00

『ランニングコストが半分に出来る』

 当社独自のオリジナル健康断熱住宅は、

断熱性・気密性・耐震性を高機能にし、自然環境を出来るだけ有効に利用してエネルギー消費量を従来の一般住宅の半分以下になるように設計された住宅です。

家の『ランニングコスト』を押さえた住宅内装材には自然の無垢素材をふんだんに使い家全体に木の香りがする空気環境と家中どこでも温度がほとんど変わらない温熱環境を実現し、寒い冬もヒートショックを起こしません。

健康住宅は基礎から屋根まで断熱材ですっぽり覆った『外張り断熱工法』による高い断熱性能と機密性を高めた住宅です。

今までの充填断熱では柱と柱、土台と梁の間で熱が流れていましたが『外張り断熱』では構造体全体を外側からすべて包み込みます。冷暖房の効率が良く、オール電化住宅とマッチする住宅です。

外壁に断熱材の間に通気層を作る事によって住宅の大敵である『内部結露』を防止、カビ等の腐巧菌の発生を防ぎます。これによって冷暖房の効率が良くなり冷暖房費も5割削減できます。

健康住宅は次世代省エネ基準以上をクリアした高断熱、高気密住宅です。気密性能を表すC値は0.5を目標にしております。

次世代省エネ基準ではC値の基準はありませんが気密性能が確実な施工であるか気密測定を実施しております。従来の通気工法+充填断熱の場合、夏のように高温多湿の外気に含まれる水蒸気は、室内が冷房されているため屋外から室内(水蒸気は湿度が高い方から低い方へと向かう)へと向かいます。水蒸気が外から内側へ向かって断熱材を自由に通過し、冷えた防湿層で堰き止められ、壁の中で結露現象を起こし危険な状態になります。

一般に木材腐巧菌は10°C以上で活動し始めるので、夏の高温多湿の状態では腐巧菌が活発に活動します。そのため、木造家屋にとって逆転結露現象は無視できません。健康住宅で採用している断熱材は断熱材自身に透湿性能があり且つ両面に防湿層があるので、内外どちらからでも水蒸気の動きを制御できるので逆転結露は起こりません。外壁イメージ00-まとめ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加